水族館でのカクレクマノミ

​ビジョン

株式会社MASUKOは

​”水棲生物と人との架け橋を築き

生活の充実と生き甲斐を感じれるお手伝い”

こんな掛け替えのないようなことが

皆様に提供できる企業を目指しています

熱帯の葉

​ヒストリー

元々は「益子水景」という個人事業からスタートしました。

​当時は水槽のレンタル事業を営んでおりましたが、あまりにもライバルが多く強かった為、マメテラリウムという苔玉に似た商品を製造販売する事業に転向。同時にボトルアクアリウムなども製造し、都市型ホームセンターの大手、東急ハンズなどで販売しました。この流れで現在の『株式会社MASUKO』が誕生したのです。しかしながら生体の管理が行き届かず、販路を拡大することなく製造業も中止。これは販売店からお客様が持ち帰って飼育することの難しさにまで考えが至らず、商品を売ることだけに目を向けた結果でした。

生き物の責任を全て受け止めて、お客様と向き合いたい。この思いから事業を生体を販売路線に転向し現在に至ります。販売の第一号店が「増子水景Yahoo店」です。代表者名の益子ではなく増子にしたのには理由があります。

「生命の本来の生きる姿である、子を生み世代世代をつないでいく、これは人も魚も一緒、だから元気な魚をお客様に提供しなければならない」この思いから益子ではなく、子孫繁栄に因んだ増子という名前をつけたのです。

私たちはレンタル事業の意思を受け継ぐことなく、生き物により良い環境を意識しています。水槽は苔だらけの方が良かったり、種類によっては緑や茶色の水で飼育なども行います。実際の店舗を構えると、この飼育管理が不可能になります。ネット販売のみに限定しているのもこの理由です。

生き物には愛情を持って頑固に向き合っていますが、人には柔軟に向き合います。

このスタンスは今後も変わりません。

​私たちはお客様と寄り添いながら常に前進し続ける企業でありたいと考えています。お客様のご意見は真摯に受け止め次に活かします。

生体を出荷する前には十分な調整とトリートメントを行い、より良い生体をお客様にお届けします。

その場限りの対応ではなく、生体到着後、導入後のこともイメージしてできる限りのことを事前に行い、ご準備いたします。

 生体の取り扱いについては、法令に遵守しながら、お客様のご希望に添える生体を取り扱っております。

昨今の流通事情でなかなか入手いにくい生体もございますが、可能な限りご希望の生体を準備させていただきます。

 トラブルの対応については、お客様のご要望に応じて場合によっては社内のルールーから外れた対応を取ることもあります。お客様の立場に立って考え対応いたします。

お客様には柔軟に

生体管理は厳格に

トラブルには素直に

安心してご利用いただくために、私たちは努めます

HANABI2.jpg

​ポリシー